スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 トリマーとは

2007-12-19

wan
忘年会シーズンで、ちょこちょこお呼ばれして行ってます。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

私はお酒は飲まないので、翌日二日酔いで仕事・・
ということは無いのですが、25歳を過ぎたあたりから
夜更かしや、不摂生が肌や身体に出るようになりました。

夜更かしした翌朝は、前日には無かったにきびが!!!
お菓子を沢山食べた次の日は前日には無かったお肌にぽつぽつが!!!!
夜遅くにこってりラーメンを食べた翌朝は・・おなかの上のほうが気持ち悪い・・。
友人に聞くと、これは「胃もたれ」という症状らしいです。

大人になったんですね・・・。

先日集金に来た問屋さんから言われたのは・・
「顔がむくんでますよ~。」

うわショック・・・・・!!!!

確かに、前日は忘年会。
・・顔がむくむお年頃の、ぽちゆみです。


さて、今回は「トリマー」についてです。
すでにトリマーの方は誰もが知ってることですが、
ここでトリマーライセンスについて、少しご説明しましょう。

お付き合いのあるペットショップさんに飾られている
トリマー資格証明書に記載された「C」やら「A」の意味も
これでわかると思います。

はじめに、トリマーは統一されたライセンスは無く、
各種団体が独自にライセンスを設けています。
ここでは、ジャパンケネルクラブ(通称JKC)主催のライセンスについて
ご説明します。

「じゃぱんけねるくらぶぅ・・・?」

はい、ジャパンケネルクラブです。
「血統証明書を発行している団体」と言えばおわかりになるかと思います。

余談ですが、JKCはドッグトレーナーのライセンスも発行しています。
訓練士補から訓練師範までの5ランクに分かれています。

トリマーさんのほとんどの方がJKC公認ライセンス所持トリマーとして
現在ご活躍されていることでしょう。

ライセンスは
C級から始まり、B級、A級、教師、師範と
5段階に分けられています。

受験資格はC級の場合、JKCの会員として2年以上在籍していること。
(JKC認定校に通学している場合を省く)
それからは所定期間の経験が必要です。
いずれも、JKCの会員であることが必須です。

飛び級・・というのはもちろん無いし、
JKC会員になったからすぐ試験受けられる~というわけにもいきません。


①専門学校(JKC認定校)在学中に試験を受け、ライセンス取得後卒業。

②専門学校(認定校でない)卒業後試験を受け、ライセンスを取得。

③ショップなどで見習いから始まり、カットの勉強を教わって試験を受け、ライセンスを取得。

以上が一般的なライセンス取得への道のりです。

試験は年に一回。
各地域ごとに行われます。
ちなみに私は九州地区、福岡で試験を受けました。

ライセンスを取得するに試験には2つあります。

ひとつは通常試験。
実技と筆記があります。
それぞれ70点以上とれば合格。
郵送で合否通知が来た・・と思います。
すみません、何分6年も前のことで・・。
「あなたは80点でした!」というような点数は書かれてません。
それから資格証明書が送られてきます。

もうひとつは競技会にエントリーして入賞すること。
こちらは実技のみです(今年は9月に行われました)
最優秀賞、優秀賞、技術賞とあります。
入賞すれば筆記はパス。ロゼットと賞状がもらえます。
表彰式も競技後にあります。
こちらも年一回で、九州各県のトリマーさんが集まって競技します。
さらに、各地域の競技会入賞者は東京で行われる競技会への出場権利が
与えられます。

モデル犬はベイジング(爪切りや耳そうじ、シャンプー・ブロー)までを済ませ、
会場へ。
会場ではシャンプーができませんので、
「オシッコしておなかが汚れた~~」などが無い様、トリマーさんは
モデル犬には注意を払って向かうのです。
さらになんと今年から会場でのドライヤーが使用できず、
会場に向かうまでの道中、会場に着いてからもピリピリした記憶があります。

さて、モデル犬ですが、主に「プードル」を選ばれる方が多いようです。
私が受けた通常の試験、競技会いずれもほとんどがプードルでした。

プードルのカットには大きくわけて「ショークリップ」「ペットクリップ」があります。

ショークリップは「コンチネンタルクリップ」「イングリッシュサドルクリップ」「パピークリップ」
ペットクリップは沢山あるのですが、おもに「ケネル・ラムクリップ」「ダッチクリップ」
他には
「パジャマ・ダッチ」などがあります。

ちなみに・・最近流行っているテディ・ベアカットなどは
ペットクリップに含まれませんので試験ではそのカットができません。

B級進級までは「ペットクリップ」でカットが可能です。
もちろん、「ショークリップ」であるコンチネンタルでもカットは可能です。

A級進級になると「ショークリップ」のみになります。

試験にはプードルだけでなく、シュナウザーやコッカーで受けられる方も
いらっしゃいます。

トリマーとしての活躍はショー(ショードッグ)に向かう方もいれば、
ペット(家庭犬などのペット)に向かう方も居ます。
どちらも大変やりがいのある、お仕事です。


・・・こんなとことでしょうか。
「少し」どころか長々と説明してしまいました・・。

私が思うのは・・
ペットトリマーは
「ライセンスよりも実務経験」ということです。

試験に使われるモデル犬に、美容が嫌いな子は選ばないでしょうし、
顔にバリカンあてたことのない子は選ばないでしょう。
そう、モデル犬は試験中の2時間、じっと立ってくれる子ばかりなんです。

しかし、ショップでは違います。
美容に慣れてない子も来ますし、おびえて咬んじゃう子も居ます。
そういう子をなだめて、最後まで仕上げるのもペットトリマーとしての技術。
(まれに、手に負えない子もいますが・・)

だからと言って、「ライセンスなんて、ただの肩書き」とも思ってません。
試験を受けるには、その犬種のスタンダードを学ばなければならないし、
足の短い子にはタックアップの位置をあげたり、
胴の長い子には胴を短くスクエアに見えるようカットする。
イマジナリーライン(目じりから耳のはし)、テールのバリカンを綺麗に入れる。
等の技術も必要になります。

最近はプードルのカットに流行があり、顔にバリカンをいれる
わんちゃんがあまり居ません。
ケネルクリップを注文される方も少ないです。

サロン勤めで忙しい中、試験のカットを練習。
スタンダードを学び、試験を受けるということは
いい経験になると思います。


以前、ネットで調べていたら・・
トリマーの通信講座なるものを見つけました。
「通信講座で資格が取れる時代になったのね~」
なんて思ってました。

・・・皆さんはどう思いますか?

トリマーは技術職なのに・・・。
結局は実務経験だと思いませんか?

本で学んでも、現場で発揮できるでしょうか?
十人十色、とあるようにわんちゃんも十犬十色なんです。
マニュアル通りにはいかないこともあります。


えらそうなことを書いてしまいました。
何事も日々、勉強ですね。

私も、まだまだ勉強中の身です。
経営も、美容も。

頑張ります~~~~!!!!

それでは、おやすみなさい。
DSC00438.jpg


スポンサーサイト

 部屋とエプロンと私 WITHマイケル

2007-12-11

週末にとあるパーティーのパフォーマンスを控えてます。
おなかをへこまそうと思いつつ、ポテチ片手にブログ更新中。

「やっぱりうすしおにはコーラよね~」

いえ、どんなときでも私はウーロン茶。
ぽちゆみです。


ちなみに衣装はへそ出し。
今から腹筋やっても遅いでしょうか・・?
だったら、ポテチ2袋目に突入だ~~~い!

誰か、くびれたウエストをあと4日でつくる方法を教えてください。
できればその脂肪を胸にもっていく方法も・・。


さて、今日のブログは・・・・

野良猫マイケルのお話です。

猫。
私は猫が少し苦手です。

犬はもちろん、鳩やうさぎを飼ったにもかかわらず、
猫だけはまだ飼ったことがないのです。

と、いうか・・・

猫の性格だったり、からだのつくりだったり、
ニャンコ先生だったり、ニャンパラリだったり・・
おニャンコ倶楽部・・?これも詳しくない。

よく、わからないことが多いのです。

身体がやたらとやわらかいし。
あと、性器がぱっと見、わかりにくいのも
「なんだかなぁ~」です。

でも好きなんですけどね。


それはさておき、
うちのベルはもうお年で、ほぼ寝たきりです。
それをいいことに玄関から入り込み、
ベルが寝てる横でベルのご飯を食べる猫。

野良猫なのに、毛ヅヤのよく、顔も綺麗なトラ柄の猫。

「こんな野良猫もいるんだ~」なんて
伯母と話してました。

でも、野良だから近づくと逃げちゃう。

ムッカー!
でも、仲良くなりたい。

こんなに毎日会ってるんだから、名前をつけよう。

もう、あれしかないでしょう。

マイケル。

その日からその猫は「マイケル」と呼ばれるようになった。
近所の子供も「マイケル」
魚屋さんのおばちゃんも「マイケル」
近所のワンちゃんママも「マイケル」


マイケル。


半年経っても、マイケルを触ることは出来ませんでした。

でも、なんとかマイケルに近づきたい一心で、私はデジカメを構えました。


DSC00310.jpg





よし・・ちょっと近づいてみよう・・

DSC00311.jpg




あ、気づかれた!!

DSC00312.jpg



でも、なんとマイケルは・・・




「ちょっとだけよ♡」
DSC00313.jpg


このとき「あんたも好きね~」という言葉が聞こえたのは言うまでもなく・・。





「恥ずかしいからもう終わり~」

DSC00314.jpg



撮ってるこっちが恥ずかしくなって、
「マイケル、ありがとう」と言って、その場を去りました。


しばらく、マイケルを見ることが少なくなってきたなぁと思っていたら・・

ちっちゃなマイケルがウロウロしてるんです!!
「ミニケル!!」

やるな、マイケル。
男だな、マイケル。

しかし、久しぶりに会ったマイケルは、なぜか「デブケル」になってました。

やるな、マイケル。
幸せ太りか、マイケル。

そんな幸せそうなマイケルを、伯母と二人、見つめた今日この頃。




ところで、年内は断水にならないとのこと。
嬉しいですね~~!

年末は忙しい職業ですから、ありがたかったです。

限りある資源、大切にしなくちゃね。
年末も頑張ります~~~!!!!!

それでは、おやすみなさい・・。
1114673212058498.jpg



 今更書きます、11月18日FCIインターナショナルドッグショー

2007-12-04

2回目の今回は、ドッグショーについてです。

先月の事ですが、私の復習の為に書きます。

通行人Aさんの「今頃その話かよっ!」という野次は・・
サラッと受け流しましょう。


まずはドッグショーについてサラッとご説明しましょう。


クラス別・グループ別に分かれます。

クラス区分
1、ベビークラス(生後4ヶ月1日~6ヶ月)
2、パピークラス(生後6ヶ月1日~9ヶ月)
3、ジュニアクラス(生後9ヶ月1日~15ヶ月)
4、ヤングアダルトクラス(15ヶ月1日~24ヶ月)
5、アダルトクラス(24ヶ月1日~)
6、チャンピオンクラス

犬種グループ
第1グループ シープドッグ、キャトルドッグ
第2グループ ピンシャー、シュナウザー等
第3グループ テリア
第4グループ ダックスフンド
第5グループ スピッツ等
第6グループ セントハウンド
第7グループ ポインティングドッグ
第8グループ レトリバー
第9グループ コンパニオン、トイ
第10グループ サイトハウンド

ショーによって、流れに違いはあります。


ヤング・ヤングアダルト・アダルトの各クラス一頭を選出します。
(雄・雌分かれて審査されます)

各クラス代表からさらに一頭。(ウィナーズ)を選出します。


ウィナーズドッグとチャンピオンクラスから一頭を選出。
これをBOB(ベスト・オブ・ブリード)といいます。

ここまでで雄、雌それぞれのBOBが選出されました。


さらのここからまた雄・雌に別れ、
グループ別に各1・2席(3席の場合も)を決定して、
一席獲得したわんちゃんはグループ代表として次へ進みます。

雄、雌各10グループの代表が選出されました。

選ばれた雄10グループ10頭から1頭のKING(キング)、
2頭のR・KING(リザーブ・キング)を選出します。

雌も同様に1頭のQUEEN、2頭のR・QUEENを選出します。
選ばれたKING・QUEENからどちらか一頭がBIS(ベスト・イン・ショウ)となります。


・・大体の流れは、こんな感じです。


すみません、本題に入る前から疲れてしまいました・・。

私の説明が不十分な点もあるかと思います。

簡単に言えば、
男の子と女の子、それぞれの1位からまた1位を選ぶ~

・・こんな感じです。
色んな犬種から1番を決めるなんて・・ジャッジも大変ですね。


さて、本題へ行きましょう。
この日は恩師A先生と行き、昼前に到着しました。

会場はこんな感じ。

DSC00516.jpg


ジュニアハンドラーの女の子とウィペット
DSC00517.jpg



グレート・デーンのブリンドルです。
おっとりしてて、いい子でした~
DSC00528.jpg



審査の様子です。沢山の人達が注目しています。
DSC00550.jpg

DSC00558.jpg



毛並みの良いアフガン・ハウンド君がいました。
この子は私が会場に着いてから、出番が来るまでの時間ずっと
トリミングテーブルの上で寝てました。ぷぷぷ・・。
何枚も撮ったんですが、何枚もピンボケ・・。残念。
念入りにコーミングされてます。
DSC00591.jpg



BIS戦の様子です。
ボルゾイか、スコティッシュテリアか・・
DSC00607.jpg



見事!スコティッシュテリアがBISに選ばれました~~!!!
DSC00608.jpg




おまけの一枚・・。
DSC00610.jpg


72時間600円。
3日間で600円なんて・・
なんて良心的なんでしょう~!!!

この日一番印象に残ったのは、スコティッシュテリアでもなく、アフガンでもなく、
実はこの看板でした。

A先生、お疲れ様でした~
また一緒に行きましょうね~


久しぶりに行ったのですが、いい勉強になりました。

さて、寝ます。
おやすみなさい~
47922845_53.jpg









プロフィール

ぽちゆみ

Author:ぽちゆみ
11月2日生まれ

サルサが大好きな
踊るトリマーです♪

相棒ぽちポンタと一緒に
楽しい企画や情報を
皆様にお届けしていきます~☆

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
カレンダー
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
RSSフィード
最近のトラックバック
ユーザータグ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。