スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 狂犬病について

2013-03-09

つい先日、身近で子供と犬との咬傷事故がありました。

いきさつは次の通り。

親せきの子を連れて外を歩いていると、小型犬を連れた飼い主さんと遭遇。
子供が犬を触っていたところ、その小型犬から咬まれる。

傷も小さく浅かったことから、そのままその飼い主さんと別れたとの事。


消毒して絆創膏を貼って対処。
その親御さんから「どうして犬の飼い主さんから連絡先を聞かなかったのか」と
責められたそうです。


話を聞いて、「それはまずいでしょう~」というのが率直な意見。
狂犬病ワクチンを打っているかどうかの確認もなく、連絡先も聞いていないんですね。


病院に行くが飼い主がわかならい為、全額負担となったそうです。


他人事じゃなく感じるのは、私自身が犬を飼っていることと
パピークラスをやっているからでしょう。


この更新記事を読んでくださっている方にお願いがあります。

まず犬を飼っている方へ。


基本的、というか法的義務ですが
狂犬病予防接種は毎年接種してあげましょう。

予防接種を受けたときのプレートは、首輪に着けてあげてください


↑これすごく大事↑

このプレートですが、万が一咬傷事故があった場合
咬まれた相手の方に狂犬病の予防はしてますとアピールできるし、
咬まれたほうも安心できます。
首輪に着けられなくてもリードに着けたり、犬と一緒に行動するときは
必ず持ち歩いてください。

連絡先の交換は忘れずに。
誠意のある飼い主さんであって下さい。


犬を飼っていない方へ

お散歩中の犬の中には友好的な子もいれば
他の犬や人が怖い犬もいます。
触る場合は「触ってもいいですか?」と飼い主さんに一声かけて了解を取りましょう。

咬傷事故は、対象が子供である場合も多いです。
犬との挨拶の仕方や「触ってもいいですか?」という声かけを
お子様にも教えてあげてくださいね。


人や犬が怖いわんちゃんがいる飼い主さんは
言葉が話せない愛犬に代わって事故が無いよう気を付け、守ってあげてください。



今回の話。
なんだかとっても考えさせられました。

この仕事やってると、やっぱり咬まれる事もあります。
お互いに気まずい関係にならない様、開業から予防接種の確認はさせてもらってますが
本当にやってて良かったと思うし、これからもやります。

みんなプレート、つけようね。
スポンサーサイト

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

咬まれたら、注射しちゃるけん(^^)

☆豆院長☆

おっ!本当ですか!!
心強いです~もしもの時はよろしくお願いします!!

プロフィール

ぽちゆみ

Author:ぽちゆみ
11月2日生まれ

サルサが大好きな
踊るトリマーです♪

相棒ぽちポンタと一緒に
楽しい企画や情報を
皆様にお届けしていきます~☆

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
RSSフィード
最近のトラックバック
ユーザータグ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。