介助犬フェスタ2013

2013-05-28

20130518_144836.jpg


少し前になりますが、愛知県に行ってきました。
介助犬フェスタ。

気になってたけどなかなか動けなくて、いいタイミングで案内がきたんです^^

介助犬に興味を持ったのは昨年。

私が補聴器を着けたのがきっかけでした。
そのときは聴導犬ってどんなお仕事をするんだろうって思ってた。

ぽんたが来てから、トレーニングをはじめ
ディスクやドッグダンスにも挑戦。

今度は聴導のお仕事・・・っていうのは冗談ですが(笑)

パンフレットやパソコンの情報よりも、実際目で見て体験したかった。

そうと決まってからはホテルや新幹線の手配もスムーズで
わくわくしながら当日を迎えました。


20130518_112329.jpg

20130518_112431.jpg

20130518_112451.jpg


内容も充実。

出店ブースも多数。

大勢の人で賑わいを見せてました。

こういうイベントに行くと、やっぱり気になるのは
参加してるわんこと飼い主さん。

介助犬のイベントだけあって、参加わんこはラブラドールが多かった!


20130518_112557.jpg

20130518_112822(0).jpg

20130518_114232.jpg

20130518_115018.jpg

一番気になってた
介助犬・聴導犬のデモンストレーション。


聴導犬が、目覚ましの音に反応して布団を剥いで起こしたり、
タイマーの音を知らせてくれたり。

20130518_120039.jpg

20130518_120504.jpg

20130518_120800.jpg

20130518_122051.jpg

なんだろ、この規模での犬のイベントって
ドッグショーくらいしか知らないからちょっと新鮮でした。

20130518_132011.jpg


犬と人との暮らしについて、改めて考えました。
遠い昔、人と犬が共存していた事。

当時は首輪やリードなんて無くって。
でも互いを必要として共に暮らしていた事。

そこに昨今の私たちの暮らしのような「違和感」もない。


介助犬とパートナーには、私たち愛犬家よりももっと深い絆を感じます。
最初はうまく行かない犬との関係も、日を重ねる度に距離が縮まって
手となり足となって、パートナーを支えていくんですね。

もうひとつ。
介助犬との暮らしは大きなメリットをもたらします。
犬がそこにいるだけで得られる癒しのパワーって、私たち健常者にも
気負わず上手にアピールしてくれるんじゃないかな。


訓練や支配とかいう表現ではなく、
もっと根底にある絆や信頼関係って大事だなって思う。
トレーニングしてると、ふと忘れがちになるんだけど。

やっぱり、お互いが自然に
楽しまなくちゃねっ!


すっごくいい体験しました。
行ってよかった。

最近感動すること多いな~。


さて、散歩行ってきます!
スポンサーサイト

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぽちゆみ

Author:ぽちゆみ
11月2日生まれ

サルサが大好きな
踊るトリマーです♪

相棒ぽちポンタと一緒に
楽しい企画や情報を
皆様にお届けしていきます~☆

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
RSSフィード
最近のトラックバック
ユーザータグ
月別アーカイブ