海外旅行記3 ~ビッグアイランド~

2009-10-07

DSC01787.jpg

お次はハワイ島のヒロへ行きました。
ここではペットの美容室を経営しているKさんのお宅でお世話になります。

Kさんが飼っている犬は

スタンダードプードルのティファニー

グレート・デーンのブルー

ボーダー・コリーのガーナ

ミニチュア・プードルのカイ

ビーグルのウィーグリー(聞き間違いでしたらごめんなさい~)


DSC01792.jpg
DSC01867.jpg


ちなみにKさん、グルーマーでありながらドッグトレーニングも行っています。
私くらいの歳には、ランチで働いていたそうで、
湖を泳ぐ馬にまたがるKさんの写真を見たときは衝撃的でした。

「あの頃はとっても楽しかった!」と
アリゾナのランチで働いていた思い出を語るKさんに、
私は「すごいな~」と興味をそそられました。
犬の話、馬の話、その他いろいろ。

特に犬の話は盛り上がって毎晩のように遅くまで話した思い出があります。


そんなKさんのティファニーは介助犬の登録を受けているそうです。
バッグパックを背負って歩調を合わせて歩いてくれます。

ウィーグリーはクリッカーがとっても上手だそうです。
クリッカートレーニングには興味があったのですが、そのことを知ったのは
ラスベガスでした。見たかった~残念。


私が特に好きだった子は、ボーダーコリーのガーナ。
笑っちゃうくらい、頭の回転が速くて、「賢すぎる」っていう感じかな。
例えば・・・
「GO!]っていう指示を出そうと思ってすぅっと息を吸って
「ご・・」の口をしたとき、

「オッケェェェィ!!!おねーちゃん!」って走っちゃう(笑)
まだ「GO」言ってないのに(笑)


でもちょこちょこ振り返って「まだ?まだ来ないの?」って
戻ってきたり。

頭が良くて、会話してるみたい。
ガーナと遊ぶと、こっちまで笑顔になれます。

犬っていいね。
犬って面白いなぁ。


翌日からはKさんのショップで勉強させてもらいました。
私が今回学んだのはカラーリングとプラッキング。

DSC01824.jpg
こちらはマルチーズ。
カットとカラーを全てやらせてもらいました~。
とってもキレイにブルーが出ましたよ!



DSC01851.jpg

こちらはボーダーテリアです。
プラッキングを教わりました。

プラッキングはプラッキングナイフを使って毛を抜きます。
そうすると、前よりも硬い毛が生えてくるんですよ。
繰り返すことによって、バリっとした毛になります。

この子はショーにも出るそうで、ボーダテリアって、日本では
なかなか見られないし、ましてプラッキングさせてもらえるなんて。
楽しい時間でした。


ショップでは日本にはありえない位、一日に沢山の美容が入っていました。
一日に20匹くらいグルーミングしてるんじゃないかな。

ブービエ、ボーダーテリア、ジャックラッセルテリア、Aコッカー(フルコート)
地元ではなかなか出来ない犬のグルーミングを見ることが出来ました。


そしてアメリカでは、飼い主さんの犬に対する意識レベルが高いことに関心しました。
「お手入れがきちんとできないのなら、うちの子は売りません」と言うブリーダーさんもいるそうです。

これって、とても理想的な事だと思いませんか?


日本じゃショーケースに入れて、犬の知識もない人に平気で子犬を売るショップがほとんどです。
まして、「その家庭環境と犬の知識の低さでは、うちの子を売れません」なんて、
言う(私は「言ってくれる」と表現したい)ブリーダーさんや、ショップは一握りじゃないかな。


生体なんです。犬はぬいぐるみでも、おもちゃでもないんです。
これって、とても大事なことなんです。


そして、アメリカでは日本よりもはるかに多くの飼い主さん(犬を迎える人も)が
犬を飼うにあたって、何が必要かを知っていて、きちんと学んでいるということ。

飼い主さんが子犬を迎えたらトレーニングが必要で、定期的なお手入れが必要で、
ワクチンの重要性も基本的なことは知っている。

さらに、ドッグショーに関心のある飼い主さんが思った以上に多く、
ショップでは、たった数日で何頭ものショードッグをお目にかかることができました。

ショーに関心もあって、トレーニングに関心もある。
「その犬種」や「犬」について沢山の関心がある飼い主さんのもとで暮らす犬は
とても幸せなんだろうな。と私は思うのです。

そこには、確固たるリーダーがいて、その下に自分(犬)がいる。
犬として活かしてもらえることは、犬にとっても喜びであると思います。



日本はどうでしょうか・・・。

犬の、自分の飼っている犬種のスタンダードを知っている人ってどれくらいいるんでしょうか。
「トレーニング」の重要性を知っている人って、どれくらいいるんでしょうか。
「マナー」ができている人って、どれくらいいるんでしょうか。


当たり前のことが、当たり前のようにできていない日本。


ラスベガスの日記でもこの続きを書こうと思っていますが、
やはり色んな意味で考えさせられるビッグアイランドの数日でした。

スポンサーサイト

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

いろんな経験してきたんですね。
教え子もアメリカに嫁いでトリマーしてるんですがほんとにいろんなワンコが来るし数も多いみたいね。
ほんとに当たり前の事が出来てない飼い主っているよね。
これからの更新も楽しみにしてます。

☆グレース@ママさんへ☆ 

旅行行くまでは自信が無かったことも、こんな経験を通して
自信を持って言えるようになりました。

美容の数や種類は本当に多かったです。
見たことない犬種も見れたし、触れることもできたし、
なによりペット環境の取り入れるべき部分を見れたことが
大きな収穫でした。

やっぱ、美容やってるだけじゃダメなんだって。
犬のこと、知ってもらう為にもっと頑張らなくちゃなって思います。

こ・・更新すみません~。
頑張ります~~。
ネタがどんどん遅れていく~~えーん。
プロフィール

ぽちゆみ

Author:ぽちゆみ
11月2日生まれ

サルサが大好きな
踊るトリマーです♪

相棒ぽちポンタと一緒に
楽しい企画や情報を
皆様にお届けしていきます~☆

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
RSSフィード
最近のトラックバック
ユーザータグ
月別アーカイブ